34歳、パニック障害との日々

パニック障害歴20年の既婚子なしオンナの日常を綴ったブログです

発作記念日

今日から一年前、わたしはある駅の構内でうずくまって居た。


久々の大きな発作に対処のしようもなく、怖くて、苦しくて。短く呼吸をしながら、小さく丸まって居た。

4月20日。

忘れもしない、パニック障害ぶり返し記念日だ。


今日はそんな記念日だからこそ、

同じ場所へ向かってみた。

予期不安がおこっても、


「不安に思うということは、発作をまだ怖がってるということ!それじゃあいつまでも克服できない!」


そう言い聞かせて乗り込んだ。

幸い席にも座れて落ち着いて乗っていることができた。

不安は10パーセント程。

吐き気や息苦しさ、動悸はナシ。


同じ線しか乗ってないので、

他の線になると不安になりがち。

それも今後の課題だ。



思い切り楽しいことを、楽しんでみたい。

悪化する前に味わえて居た幸福感を、また味わいたい。

誰かと遊びに出かけて、カフェで大笑いしたり、洋服買いに行ったり。

夫と遠出して温泉に行ってのんびりしたり。

なにもかもが眩しく見えちゃう今。


あー、眩しいなー。

天気も良くて、なんだかなあ。