34歳、パニック障害との日々

パニック障害歴20年の既婚子なしオンナの日常を綴ったブログです

またもやトラブル

今日実は、またまた電車でトラブルに遭遇。
基本的にわたしが乗る時間はベビーカーをひいたママさんたちがよくいる時間なのか、
見かけない日はない。


いいなあ、と羨ましく思いつつ、赤ちゃんやお母さんを見ていることはしょっちゅう。
じっとは見ないが、ちらっと見る。ほほえましい気持ちで。
これはわたしの中では普通のことで、別におかしいことだとは思っていない。


だが今日は違った。
車椅子、ベビーカースペースに乗り込んできたとあるママ。
でも車椅子の方がすでに使っていて、スペース的に無理と判断したのか、
隣の車両へいくのに、連結部のドアをあけようとしていた。
少しいら立っているようだった。


わたしはいつもの癖で、一瞬何気なく赤ちゃんをみて、お母さんの顔をみた。
すると、いきなり暴言。
「おもしろい顔して見てくんな」(だったかな…早口で分かんなかった。)
しっかりわたしの目を見て憎しみを込めて言ってきた。


ベビーカースペースを使用できなかったのは残念だっただろう。
ベビーカーを抱えながら、ドアをあけるのも大変だったのかもしれない。
それにしても、他人にいきなりこんな暴言吐ける母親ってどうなのよ、と、
たまげた。


たまたま視線が合った。ただそれだけだ。
赤ちゃんに関しては可愛いなあとすら思っていたというのに。


その後乗車してきたベビーカーママは本当に朗らかな感じで、
ずっと笑顔で赤ちゃんをあやしていた。
この差は何だろう。


余裕がないからと言って、こんな風に他人に八つ当たりするような母親は母親に
なるべきではない、心からそう思った。
子供が可哀相だ、そんな人が母親で。


子を持つとああも余裕がなくなって敵意をむき出しにしてしまう人も
いるのだな…と改めて子を持つことの大変さを学んだ日だった。