34歳、パニック障害との日々

パニック障害歴20年の既婚子なしオンナの日常を綴ったブログです

産む、産まない、産めない

そういうタイトルの本が最近よく目に入る。


わたしはどれだろうか。

産むのか、産まないのか、はたまた産めないのか。


産むのは本能的に産みたい。

欲求がある。子供を持ちたいという欲求。

でも、産まない選択をした時を想像すると心が楽になる。

私の怖れるものに関わらなくていいから。サポートの期待できない育児はもちろん、学校行事とかそういったもの。

我が家は夫が仕事人間だ。

帰宅が0時を回ることもある。

母親は電車で数時間かかる場所に住んでいる。

義実家は新幹線の距離だ。


母は、同居する気はなさそうだし、

サポートは期待できない。

そうするとわたしみたいな病気の人にとっては、かなりハードな環境が待ち受けているんだと容易に想像できる。

普通の人でもおかしくなる育児。

わたしが一人で持ちこたえられる自信が無い。


産めないのは、この病気や環境を理由にして産めないとすることだ。

夫もパニック障害の気がある。

両親共々となると、子供への遺伝の率はかなり高まると思う。

遺伝はしないという説もあって、

不安を感じやすい気質が、病気にさせるという説もある。

そんなの可哀想だ。

あんな苦しみを味わわせるなんて。


夫は私が寛解して、産めると思っている。信じている。

どうして、育児に参加できないのに、

産むのは私なのに、色んなことを考えてくれないのだろう。


時に、夫婦の足並みの揃わなさに泣けてくる。

幸せな夫婦が羨ましくなる。

妊娠中の奥さんとご主人。

赤ちゃんを抱っこしたお母さん。


本当に辛い。醜い考え方だけど、

見たくない。


もう少し、もう少し夫に寄り添ってほしい。そしたら、私はものすごく救われると思う。